ドイツの森の散歩道 

midorixde.exblog.jp
ブログトップ

ショルダーバッグで遠足に行ってグラウンドを走らされた兄

時代は昭和、小学校の頃の話です。

ショルダーバッグで遠足に行った兄が「リュックサックでない」という理由で罰としてグラウンドを走らされたということがありました。

私は3人兄弟。
小学校1年生のとき、3人揃って地元の公立小学校に通っていました。

c0366006_18393775.jpeg
お正月に兄が買ってきてくれた羊羹。
干支の戌のシルエットが入っています。



年に一度の「全校遠足」がありました。
学校から体操着で出発、徒歩で20分ほどの、お城跡の大きな公園に行き、レクリエーションを楽しむというもの。

当時、我が家にあったリュックサックは二つ。別に貧乏ではありませんが、戦中生まれの両親は「その日のためだけに買うこともない」と、私を含め下の二人がリュックサック、6年生で一番年上の兄は父が使っていたショルダーバッグで遠足に行かせました。

今思えば、その時点で兄は恥ずかしい気持ちを相当我慢してくれていたと思います。

それでも、文句も言わずショルダーバッグで遠足に行き… あろうことか、兄は、学年主任の軍隊上がりと噂だった暴力教師に「リュックサックで来なかった罰」として、グラウンドを走らされたのです。

兄の担任は、生徒たちのお母さん以上の年齢のベテランの女性教諭。生徒からも父母からも慕われている優しい先生です。あまり詳しい記憶はないのですが、私ともう一人の兄とその先生たちが暴力教師の前に呼ばれ、それぞれの担任が事情を説明してくれた覚えがあります。けれど、結局、他の先生たちも暴力教師に従わざるをえなかったのでしょう。先生たちが強硬に兄をかばってくれていたら…と今は思うのですが。

陸上大会なども開かれる大きなトラックで、みんなが遊ぶ自由時間に兄はそのショルダーバッグをかけて走っていました。

1年生の私は、なぜ走らされているのか理解できませんでしたが、ただ、何か見てはいけないものを見てしまったような、兄が辛い思いをしている、ということだけを感じていました。

それが「罰」だったと気づいたのは、後になってからだったと思います。


最近、母と、実家で賑やかに暮らしていた頃の話になり、ふとこの件を話した途端「そんなことがあったの?」と顔色が変わりました。

そう、兄はその日も、その後も、このことを親には話していなかったのです。

私たちはその年に転校してきたばかりでした。
穏やかな性格でクラスにもすぐに馴染んでいた兄ですが、楽しいはずの遠足の日に自分だけ我慢してショルダーバッグで行かされ、遊んでいるみんなの前で「罰」として走らされるなんて、12歳の兄がどれほどやるせなく辛い気持ちを黙って一人で耐えたのかと、胸が締め付けられます。

私はこのことは兄と話せないでいます。
嫌なことを思い出させたくありません。
けれど… あのとき、私たちのために我慢してくれてありがとう、嫌な思いをしてごめんね。今だったら私が殴られても先生に断固抗議しに行くよ。と伝えたい。

兄の羊羹を食べながら、ツーンと涙がこみあげました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
# by midori-de | 2018-02-21 18:48 | Comments(0)

朝ごはんの楽しみ、日めくりカレンダー

日めくりカレンダーを導入し、3年目。
毎日、朝ごはんのときにビリっと破って、家族で回し読みがルーティーンとなっています。

今年の日めくりカレンダーはこちらの2冊。

c0366006_17202383.jpeg


カラーのは「びっくり記録」。様々な「世界一」や、「初めてのXX」といった記録です。「世界一身長が高い人」(2.72m, 1940年に22歳で亡くなったそう)「太陽系で一番熱い星は?」(金星)などなど。

白黒のほうは「毎日の豆知識」。「相対性理論を唱えた人は?」(アインシュタイン)「G7の意味は?」(Gruppe der 7, ドイツ語で7ヶ国のグループ)などなど。

スポーツ、歴史、政治、芸術、科学などの分野の豆知識です。

c0366006_17204519.jpeg


いずれも年が明けて割引になってから買いました。

177.png過去2年のカレンダーの記事はこちら
2016年の日めくりカレンダー
2017年の日めくりカレンダー

白黒のは初めてだったのですが、白黒印刷、紙質があまり上ランクではない(ちょっと丈夫な藁半紙程度)、上部に切り取り線がないなど、コストは大分抑えられています。
カラーのものが13ユーロほどするのに対し、たったの5ユーロ。そこからさらに半額(笑)。でも、内容的にはこちらのほうが勉強になります。

単に読み流しているようで、夫は会社でのスモールトークのネタにしたり、息子は授業で知っていることが出てきたりと、意外なところで役立っている様子。

今年も日々、豆知識を積み重ね!





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
# by midori-de | 2018-02-15 17:28 | ドイツ生活 | Comments(0)

ちょっと残念なお買い物、Aldiのコードレス掃除機

安売りスーパー、Aldi のコードレス掃除機を買いました!

ドイツ在住者のブログで1年ほど前に「買って良かった」と評価を読んで、ずっと興味があったもの。
今の重いコード掃除機もまだ買って5年も経っていないはず。それにホントはダイソンがほしいし、うーん…と決心がつかずにいたのですが、先月、チラシで見つけ、これは巡り合わせだ!とすっ飛んで行きました。


c0366006_19194970.jpeg


実は、良いかどうか微妙なところです。
というのは、ホコリがたまるところが大きい形状のためにベット下に入らないのですよね…。


c0366006_19180666.jpeg

こんなふうに突っかかってしまいます。

リビングルームや廊下などはいいのですが、ベッドルームに限っては、これではベット周りだけコードレス掃除機、下はあらためてこれまでの掃除機を持ってくるか、モップで綺麗にしなければなりません。
ベッド下って、2ー3日油断するとすぐホコリが溜まるので綺麗にしておきたいのですが…。

あと、機動性を高めるためか、吸い込みヘッドがよく動くようになっているのですが、安定感がなく、ふつうにまっすぐ掃除機をかけたいときにもグラグラする感じです。

ゴミをためるところがハンドクリーナーとして取り外せる、というのもウリですが、吸い込み口が真ん中にあって、例えば壁際の直角部分では角のところまであたらないのでピシッと吸い込めません。
ハンドクリーナーとして使うことはないかな。

軽いことと、持ち運びやすいので、夫や息子もサッと持っていき掃除できるのは大きな長所ですが、わたしのお掃除には満点とはいえない…

もともとの掃除機を全面的にコードレスに移行するつもりではなかったものの、ちょっと残念なお買い物でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
# by midori-de | 2018-02-08 19:26 | 食器・雑貨 | Comments(0)